f

Evernote

EvernoteとNozbeの連携 (ビデオ)

NozbeとEvernoteのスムーズな連携

Evernoteとの連携はNozbeの機能の中でも最も役立つ機能の一つです。この機能はNozbeのアカウントの種類に関係なくお使いいただけます。無料のEvernoteアカウントや無料のNozbeアカウントであっても、NozbeでEvernoteのノートを参考資料としてお使いいただけます。プロジェクトの資料として添付したり、またコメント形式でアクションに直接追加したりできます。まず最初にNozbeのEvernoteアカウントへのアクセスを許可する必要があります。 “設定”のセクションへ進んでください。

Evernoteとの連携を設定するには

左のバーから”設定”を選びます(1)。”連携設定”を選択してください(2)。上から3番目にEvernote(3)との連携設定があります。

Settings - integration with Evernote

ボタンをクリックし、Nozbeのアクセスを許可してください(3)。

Settings- integration with Evernote1

承認すると以下の画面が表示されます:

Settings- integration with Evernote3

以下の点にご注意ください:

  1. アクセスは1年間有効です。それ以降は再度許可が必要となります (この画面の例では再許可が求められています)
  2. 再度許可するには、このボタンをクリックしてください。新規で設定している場合は”許可”ボタンしか表示されません。
  3. この欄では、Nozbeでできること、及びできないことを説明しています。よくお読みになって理解を深めてください。

プロセスを全て完了すると、Nozbeの連携画面が表示されます。Evernoteからも確認のメールが送られます。

これであなたのノートをNozbeで見られるようにする設定を完了しました。ご注意いただきたいのですが、Nozbeではこれらのノートは参考資料としてのみ見ることができます。ノートのアップデートをしたい場合には、大元のアプリ、つまりEvernoteから操作する必要があります。

Evernoteのノートをプロジェクトに添付するには

NozbeであなたのEvernoteのノートを見るには、以下の説明に従ってください:

Evernote notes in the attachment view
  1. プロジェクトリストへ行きます
  2. プロジェクトを一つ選びます
  3. “i”アイコンをクリックすると、Infoバーを開きます
  4. “クリップ”のアイコンをクリックし、プロジェクトの添付ファイルを開きます
Evernote notes in the attachment view

右下の”+“ボタンをクリックすると、添付ファイルオプションが開き、さらにドロップダウンリストから”Evernoteノート”を選択します:

Attaching Evernote to project

ここで、NozbeはEvernote APIを利用し、あなたのノートをいくつかのオプションによって探します:

Attaching Evernote to project
  1. ノートの名前でフィルターできます
  2. 最近使ったEvernoteノートのリスト(最大100)が表示されます
  3. 最初にノートの候補が表示されます - ここではNozbeプロジェクトの名前と同じタグが付けられたノートが表示されます 後は残りのリストが表示されています - 最近使った他のノートです。

もしかすると、最近使った100のノートにはない、他のEvernoteノートを追加する必要があるかもしれません。そんなときは、検索が可能です:

Attaching Evernote to project

(1)に検索ワードを記入します。最低3文字はキーワードを入力してください(2)。リンクが現れます。クリック/タップし、検索します。ここでは“Gra”をEvernote内で検索しています。

Attaching Evernote to project

新しい画面 - ノートの検索結果画面が表示されます。“Gra”の検索結果が表示されました。この単語をタイトルや本文に含む全てのノートが検索されています。これはEvernoteの検索機能です。これはEvernoteアプリのような高度な機能もサポートします。

EN Advanced search

添付する際には、2つ以上のノートを同時に添付することも可能です。ノートを選択したら“保存”ボタンが画面上部に現れます。

Attaching Evernote to project
  1. 保存ボタン
  2. 選択したノートのリスト
  3. ノートにコメントを追加することが可能です

添付したノートはプロジェクトの添付ファイルに表示され、全ての プロジェクト参加者が見ることができるようになります。

Attaching Evernote to project

Evernoteの添付ファイルをプレビューしたい場合は、クリックするだけです。

Evernote preview

以下、このプレビュー画面のボタンの説明をします:

  1. ノートの表示を閉じ、Nozbeの作業画面に戻ります
  2. ブラウザでノートを表示します
  3. ノートからタスクを作成します
  4. “さらに”ボタン -> 3つのオプション:

3と4オプションはプロジェクトのInfoバーで添付ファイルをプレビューする時のみ可能です。

Evernoteノートをタスクのコメントとして追加するには

ノートをプロジェクトへではなく、タスクへ添付したい場合もあると思います。特に、あるアクションを達成するために簡単な参照としてノートを添付する、といった場合などにタスクへ添付するととても便利です。

そのような時には、タスクの新しいコメントを作成し、コメントオプションでテキストからEvernoteを選択し、 上で述べたように、プロジェクトの添付ファイルと同じ要領でノートを添付します。 Nozbeのコメント機能についてのビデオもありますので、ぜひご覧ください。

Evernoteリマインダー機能とNozbeを自動的に同期させるには

自動的な同期を希望しない場合以外は、特別な作業を必要としません。連携を設定すると、自動的にEvernoteのリマインダーはInboxと連携され同期します。Evernoteのノートに日付と時間を設定すると“Evernote reminder”というカテゴリーが付され、Nozbeにタスクとして現れ、コメント欄でノートが見れるようになります。

Turn off Evernote Reminders integration

Evernoteで内容を変更すると、すぐにNozbeのEvernoteノートに変更が反映されます。 Evernoteでリマインダーを変更すると、Nozbeにも変更が反映されます。

Evernoteでリマインダーを削除すると、Nozbeのタスクは削除されません。