f

フィルターとソートオプション

フィルターとソートオプションについてのビデオ

フィルターとソートは役に立つの。

これらの機能はとてもパワフルで、Nozbeのインフォバーのビューなどあらゆるところで使えます。例えば、プライオリティ、プロジェクト、あなた+チームなどでも利用できます。タスクのリストが長い場合などにとても役立ちます。この機能を利用しながら、そんな長いリストをソートやフィルターできます。

ご注意:  フィルターオプションで表示されるのは、リストに残っているタスクだけですのでご注意ください。そのため、フィルターのドロップダウンリストは、あなたのNozbeのリストにあるものに従って変わります。

Nozbeの様々なソートオプション

Nozbeでいろんなソートオプション(自動並び)を選択できます。利用できるオプションは以下のようです:

Nozbeで利用できるフィルターオプション

色々なフィルターパラメーターを使って、タスクをフィルターできます。利用できるフィルターオプションは以下のようです:

同時にソートとドラッグアンドドロップを使うには

タスクを他のプロジェクトにドラッグアンドドロップする場合には、先ずソートオプションをオフにしたかチェックしてください。

ソートはアクティブであると、タスクを他のプロジェクトかカテゴリーに移動したり、リストでタスクを上げたり、下げたりできません。そんな場合は先ずソートオプションをオフにしなければなりません。

ヒント: 多項カテゴリーでフィルターする方法

現在のところ、一度に2つのカテゴリーをフィルターすることはできません。絞り込んでいくフィルターオプションを採っています。1つのカテゴリーでフィルターしたら、(その結果を) 2つ目のカテゴリーでさらにフィルターします。2つのカテゴリーを持ったタスクだけがリストに残ることになります。